FC2ブログ

兵庫県洲本市 さなデンタルクリニックのブログです

お正月の準備に何かとお忙しいことでしょう忙しい年末ですが、体に気をつけてお過しください


さて、今日は幼児のおやつについてお話します

お子さんの成長過程において、
間食をとることは決して悪いことではありません
1度にたくさん食べられない子ならばなおさらです


では、どのようなことに気をつれば
歯に優しく間食をとれるのか

まず、間食は1日1回時間を決めて
1日4食のつもりで摂り
寝る前の飲食は避けましょう

できれば、手作りの、母親を身近に感じる食べ物がなら
心の発育にもよいでしょう


3歳までに味の好みが決まります、甘いものが好物にならないように
小さいうちは、甘味の強いものは避けましょう
与える時は食後のデザートとして出せば
たくさんの量は摂取できないのでよいでしょう

代替甘味料の使用は、虫歯の予防になりますが
甘いもの好物にはなるため
お子さんが小さいうちは考えて使用しましょう


また、間食や食事摂る時は
ジュース、スポーツドリンクは避けて
お茶、お水、麦茶などにしましょう

幼児たべもの


小さい頃から、正しく間食を摂る習慣ができれば
虫歯0も夢ではないですよ


2012.12.26 / Top↑